株式会社 工学気象研究所
ホーム
ごあいさつ
会社概要
業務概要
採用情報
リンク
 
 

業務概要

計測技術グループ (観測業務)

●特色

 自然を調べる・測るをコンセプトに、気象観測を中心に、観測システムの設計から施工・保守に至る全てのフェーズをほぼ自社完結で実施しております。

●事業概要

 気象観測を中心に、着氷雪・塩分付着量・振動・騒音の計測も行っております。

1)観測地点の選定のための踏査 目的に応じた観測箇所を周辺状況から見極めます。
2)観測システムインテグレーション 目的に応じ`無駄のない最適な機種選定を提案します。
3)観測の実施・保守 観測データの回収・保守点検をお手伝いいたします。
4)データの品質保証 観測データは観測後直ちにチェックし品質を担保します。
5)設置・撤去作業 資器材が最高の条件で稼働できるように設置し稼働テストをおこないます。また、終了後撤去時にも機器の状況をチェックしデータの品質を確認します。
●観測事例

1) 設備事例
監視カメラによる着雪状態および電線動揺観測システム
測器補正係数算出のための風向風速計の比較試験
冬季山岳地における太陽光発電パネルへの防氷雪対策の効果
気象観測測器紹介
カートリッジ気象計紹介
雨量レコーダー
(その他掲載資料整備中。)

2) ご提案
(近日中更新予定。)

3) お知らせ

可視化情報学会へ論文投稿(可視化情報全国公演会:京都2015.Oct.10-11)しました。
   タイトル「回流水槽による吹雪流の再現と相似則の検討」
   当社、森川浩司・小島徹也・遠藤悠と神奈川工科大学の方々との連名です。

雪氷研究大会(2015・松本、9月13日〜16日、信州大学理学部)において、
 当社より、下記2件を発表予定です。お知らせいたします。
   @小島徹也、他 「吹雪回流水槽の確立に向けて―測定流路の乱れ計測について―」
   A遠藤悠、森川浩司、他 「防風防雪兼用柵の基礎研究2」
 なお、大会詳細は同大会HPをご覧ください。

・ 工事管理者資格取得
 東日本旅客鉄道の在来線における工事管理者資格を取得しました(2名)。

森川浩司・小島徹也、寒地技術賞(産業部門)受賞
 平成26年12月2日に、第30回寒地技術シンポジュウム(主催:一般財団法人北海道開発技術センター)にて、計測技術グループの森川・小島両名が、神奈川工科大学、独立行政法人防災科学技術雪氷防災研究センターの方々と共に寒冷地技術賞を受賞しました。これは、第29回寒地技術シンポジュウムにおてい発表した「加熱型超音波風速計の防氷対策」が評価されたことによります。

Company profile